当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。
テレビを見たりLINEしているユーザーにどんな広告を届けたら効果的か、脳内を想像して検証 - 千年市場公式HP

INFORMAITION

ニュース情報をはじめ、事例など様々な情報をまとめています。

テレビを見たりLINEしているユーザーにどんな広告を届けたら効果的か、脳内を想像して検証

 

 

 

1.テレビ、TikTok、YouTubeの場合:エンタメあふれる広告表現

動画をメインとしたメディアに触れている場合、ユーザーは娯楽を求めています。

 

目と耳を画面に集中して楽しんでいるところなので、広告で邪魔してはいけません。ストーリーやドラマがあるエンターテイメント性の高い表現が良いでしょう。

 

最近は感染症や自然災害、紛争など気になる時事ネタもあるので、トレンド提起する表現がフィットするケースもありますが、ターゲットが意識高い系に限定されます。

 

関連記事:TikTok広告は動画クリエイティブがカギ!

 

 

2.LINEの場合:返信ストレスを和らげる癒やし系広告

LINEの本来の用事は友達や家族との連絡ですが、すぐ返信しなきゃという義務感からストレスが生じることがあります。チャットも同じですね。

 

そんな返信ストレス脳のLINEユーザーには、癒やし型の表現が効果が高いのではないでしょうか。商品のスペックをアピールするのは我慢して、そのスペックがどんな癒しをもたらすのかに変換して伝えるのです。

 

一部の送信脳スタンスに立てばスペック追及型の表現もマッチしますが、それだけ返信脳ユーザーを逃す結果となります。

 

 

3.フェイスブック、インスタ、ツイッターの場合:本当のいいねがもらえる共感型広告

 

海外SNSは「いいね!するかしないか」で脳内が占拠されます。

 

「いいね!」は共感を表していますが、本当のいいねと、お付き合いのいいねの2種類があります。インスタであれば本当にいいと思った投稿は「保存」されます。せっかくなら本当に共感してもらえる広告表現で(この商品私も欲しいな!)のいいね!を獲得したいですね。

 

投稿を頻繁にする投稿脳ユーザーは一般に承認欲求が強い人達なので、レアでちょっと値も張る商品をご褒美広告すると効果的。シェアも期待できます。

 

関連記事:簡単に動画広告作るなら「動画市場(どうがいちば)」

 

 

4.ウェブサイトの場合:今すぐ購入広告と詳しくはこちら広告

検索している人、ネット徘徊している人の脳は欲シイと知リタイで一杯です。
SNSに比べて購入につながりやすいメディアと言えます。

 

親和性の高さでは欲シイを満たす今すぐ購入!な広告表現が一番。検索広告やショッピング広告が該当します。具体性がない検索広告文言や公式サイトトップに飛ばすような曖昧な広告設計はNGです。

 

ディスプレイ広告では、知リタイ脳を刺激する意味で、続きを知りたくなる広告をメインにするといいでしょう。その方が潜在層〜準顕在層を取り込めて裾野が広がります。

 

 

5.ラジオの場合:刷り込み広告と聞き耳広告の二刀流

最後にラジオですが、ラジオは究極の「ながら媒体」なので、無意識のレベルでしか聴いていません。

 

手法として刷り込み力の強い広告表現を一定期間オンエアして名前を覚えてもらい、キャンペーンの際は瞬発力のある広告表現に差し替えて聞き耳を立ててもらう二刀流が得策。興味を持ったら、その場で検索できるのもラジオのメリットです。

 

看板やサイネージも同じことが言えます。

 

 

まとめ

ユーザーの脳に合わせた広告表現の検証、いかがでしたか。

 

広告と気づかれた瞬間に飛ばされるヤバイ(笑)時代です。商品アピールは隠す。最後の最後まで我慢する。知るきっかけを提供する。くらいまで抑えたほうが好印象です。
 

そんなの広告費の無駄遣いじゃないかと思われるかもしれませんが、ユーザーの価値観が猛スピードで変化しているので、広告表現(クリエイティブ)も変わらざるを得ないのです。
 

ユーザーの芯に響いてこそ広告であることに変わりありませんので、広告媒体を増やしたい時や、媒体の使い分けにお悩みの際はぜひ千年市場にご相談ください。

 

 

株式会社千年市場(福岡の広告代理店)

TEL:092-533-8733

TEL:092-533-8733

お問い合わせ
TOPへ戻る
お問い合わせ